オートモーティブ ワールド 2018

January 17 - January 18
東京ビッグサイト, Japan

世界最大級の先進車載技術の展示会

東京ビッグサイト(日本、東京都) | 2018年1月17日(水)~19日(金)
ブース番号: E52-4 

オートモーティブワールドは展示会と車載半導体、コネクテッドカー、自動運転、EV/HEV/FCV、軽量化や加工技術等のコンフレンスで構成されております。

展示会の規模は年々急速に拡大しており、世界中から多くの自動車産業の出展社や来場者にご来場いただき、参加者からは、年に一度自動車関係者が集まる機会としても知られています。

基調講演

オデッド・サギー

シニア・ディレクター、組み込みソリューション

トピック:劇的に変化する車載データ環境に求められる基盤とは

データーレコーダー、ADASそしてその他のセーフティシステムなど、自動運転に必要とされるNANDフラッシュによる、より堅牢なデーターストレージ環境が求めらるようになってきました。自動車メーカーやティア1サプライヤーそして移動通信業者にとって将来のデータ環境の定義に拘わることは死活問題になっています。

テクニカルセミナー

ラッセル・ルーベン

ディレクター、組み込みソリューション製品担当

トピック:自動運転におけるNAND フラッシュエッジストレージの必要性とその役割

NANDフラッシュが実現するADASと自動運転システムの開発

 

注目のプロダクト

iNAND 7250A
車載用組み込みフラッシュデバイス

優れた信頼性を発揮する強化されたフラッシュストレージ技術を採用しているSanDisk®ブランドのe.MMC 5.1は、最新の「先進運転支援システム(ADAS)」、最先端のインフォテイメントシステムやセーフティシステム、その他の車載向け自律技術に対応しています。

-40˚Cから最大105˚Cの幅広い温度が想定される車両内外の極端な環境状況においても信頼性の高い性能を発揮します。新しい組み込み用フラッシュドライブはさまざまなコネクテッド車載システムや環境に対応可能です。

 



Automotive SD™ カード


SanDiskブランドのAutomotive SDカードは、車載市場の信頼性、品質、温度に対する厳しい要求を満たすために設計されています。弊社の車載ソリューションは、-40˚Cから85˚Cまでの動作温度範囲を実現するなど、AEC-Q100 Grade 3の認証を取得しています。

ナビゲーションマッピングシステム、データイベントレコーダー、インフォテイメントシステムなどの車載アプリケーションやシステムにインテリジェントで、大容量、かつ高速なデータ・ストレージを提供します。

 

Featured Videos

Video: A DAY WITH FLASH FOR AUTOMOTIVE/TRANSPORTATION


Video : WHAT'S DRIVING DRIVERLESS CARS

Featured blogs

Driving toward Autonomy

Introducing the iNAND® 7250A for Connected and Self-Driving Cars

Read More »

IoT: Context Lives at the Edge

The rising popularity of edge and fog computing in recent years is enabling more informed decisions...

Read More »

Whitepaper


Need a quick primer on NAND Flash technology and the management techniques that can ensure performance and longevity? This is the paper you want to read. This provides an overview of NAND flash technology, its intrinsic characteristics, and explains how proper flash management techniques address specific NAND issues to create reliable

 

Download Whitepaper